庭採りのりんごのJelly2008年12月17日 15時45分29秒

庭採りのりんごのJelly
暫く、ブログの記事をさぼっていたら、もう年末が迫る時期となってしまった。今日は、11月の中頃に収穫した庭のりんご(ふじ)の小玉のものを使って、Jellyを作った。このJellyはりんごを皮ごと煮崩れるまで煮て、それを布で吊るし漉してシロップを採り、煮詰めたもので、りんごのエキスが、りんごのペクチンで少し固まった透明のもので、おいしい。 例年作っているのだが、リンゴの持っているペクチンの多少によって、Jellyの固さが変わり、今年は少しゆるい出来であった。 いずれにしてもおいしさには変わらず、宅では、ヨーグルトにかけて食すので、これから暫く朝の食卓を愉しませる。 まだ残っているりんごは、Preserve にしておこうかな。

菜園のトマトの片付けと青トマトのコンフィチュール2008年10月05日 19時08分37秒

収穫した青トマト
今日は菜園のトマトを撤去した。連休明けに植えた3本の苗に、欠き枝をさし穂にして増やした10本のトマトから、この3ヶ月くらいトマトの収穫ができたが、さすがに10月にもなると、もうおわりである。このトマトの撤去の時には、まだ赤くなリ切れない青トマトが、沢山残っているので、例年、この青トマトを有効活用して、コンフィチュール(ジャム)にしている。この青トマトのジャムはフランスではポピュラーな物のようだが、市販されているものではなく、菜園を片付けるときにしか作れない。このジャムは、かなりに美味で、特に、フランスパンに、クリームチーズと一緒に食すると、大変にうまい。今年もこれから暫くは楽しめる。

今日は、ブラックベリーのソースをつくる。2008年08月24日 11時50分52秒

庭採りのブラックベリー
採りためておいた、ブラックベリーが冷凍室の場所ふさぎになってきたので、ソースにすることにした。ブラックベリーは、我が家の薔薇とクレマチスの小径にあり、毎年にかなり実をつける。今年も、7月の下旬頃から収穫して、3.5kgほどになった。このブラックベリーは、煮てそのままでは、種が多くて、舌触りが良くないので、種を漉してから、ソースにするところがポイント。又、ブラックベリーだけでは、香りが、乏しいので、宅では、これにやはり庭採りのラズベリーを加えて、香りをつけて合わせたソースにしている。 おいしいソースができたので、これから暫く、ヨーグルトに加えたり、パン、菓子に添えて食すのが、楽しみ。

グレープフルーツのソース2008年02月01日 11時06分09秒

グレープフルーツのソース
例年この季節になると、おいしいグレープフルーツが安価に店に出回るようになり、このおいしいグレープフルーツをソース(ジャムをゆるく作る)にしている。 昨日、安価にグレープフルーツを購入できたので、このソース作りをした。 大玉ホワイト6個、大玉レッド2個の果実部分を取り出し砂糖をくわえて、煮詰めるわけだが、ジュースが大量に出てくるので、煮詰めに1時間程かかった。レッドのグレープフルーツの色がかなり濃いものだったので、混ぜる量を2個にしておいたが、出来上がりはかなり赤みを帯びたきれいなソースになった。市販ではこのグレープフルーツのソースはあまり見かけないが、ホームメイドで簡単に出来、グレープフルーツの味がしっかり残っていて美味。今年もこれから暫く、ヨーグルトにかけたりして楽しめる。

りんごジャムのこと2008年01月23日 17時27分23秒

庭採りりんごのジャム
今日は屋外は冷たい雨で、これから雪になろうかとの予報。このようなときには庭の作業は出来ないので、この機会にりんごのジャム作りをした。 昨年は我が庭のりんご(ふじ)はかなりの豊作で、細い木にもかかわらず、摘果を惜しんだこともあり、100個以上の実をならせた。 昨年10月末に収穫して以来、食べて、楽しみ、また、ジャムにしたり、アップルパイのフィリングにしたりして愉しんできたが、残っていたりんごが傷み始めてきたので、残りのりんごをジャムにした。 りんごのジャムには、十分に煮てシロップを抽出して、jellyタイプにするものと、実をそのまま残してpreserveタイプにするものがあるが、今回は、量が多く出来るpreserveタイプをつくった。ただ、多少ゆるめにして、ソースの様にヨーグルトにかかられるようにしている。 これから、暫くのあいだは、ヨーグルトに入れたり、パンにつけたり、ホットケーキにつけあわせたりして楽しめる。