りんごを収穫2009年11月20日 17時57分01秒

りんご(ふじ)を収穫
今日はりんごを収穫。今年は、りんご(ふじ)が、摘果が不十分なこともあり、鈴なり状態で枝もたわわになっており、この間の強風の時には、枝ごと折れてしまったところもあった。11月の始めくらいから、ぼちぼちと熟していそうなものから採っては食していたのだが、今日になって、鳥がつついてしまっているものを何個も発見、鳥につつかれる前にと、急遽、熟していそうなものを50個くらい収穫してしまった。隣接宅地に家が建ちはじめて、ちょうどりんごのところが、日陰になってしまい、りんごが赤くなるのが遅くなってしまったので、まだ、100個くらいは木に残したままである。残りは12月始くらいまでおいておくようかも。 このりんごは、結構、甘味もかなりあり、食感もしゃりしゃりとしていて、 おいしい。この後、生食や、ジャムにして暫く楽しめる。日当たりが悪くなってしまったので、このりんごもことしかぎりで、もう、来年はダメだろう。

洋ナシの収穫を始める。2009年10月19日 14時33分18秒

収穫した洋ナシ
庭の片隅にある洋ナシが開花後170日をすぎたので、収穫をはじめ、これから、約3週間の熟成をさせる。今年も、50個くらいの実をつけ、6月に袋をかけておいたもののうち、第一回分として、まず、30個程を収穫、残りは、一週間ほどずらして、来週に収穫する。熟成完了して食べられる時期を少しずらしておかないと、一度に食べ切れない。 この洋ナシは、在来の洋ナシで、ラ・フランスに比べて、香りと、甘味が薄いきらいはあるが、そこそこの味ではあるので、食べきれない分はジャムにして、毎年、愉しんでいる。

アルプス乙女りんごが真っ赤に熟してきた。2009年09月27日 21時37分10秒

アルプス乙女りんごが真っ赤に熟す。
庭の果樹が色つき始め、アルプス乙女はもう真っ赤になってきており、収穫できそう。ふじリンゴの方は、無袋のままのものは色づき始めたが、まだ、袋とりをしていないので、収穫は、10月の終わり頃かな。 ただ、アルプス乙女は、どちらかというと、観賞用であり、果実は小さくて、あまり美味のりんごではないので、収穫しないで、熟している眺めを愉しもうかと思っているが、せっかく熟しているのにまったく食べないのももったいない気がして、少しばかりを収穫して、焼きりんごが煮りんごにして食すつもり。 ネットでレシピを調べてみたら、結構色々なレシピがあるので、どれかをトライしてみるつもり。

今年も、りんご と なし に袋かけ。2009年06月30日 12時46分20秒

りんご と なし に袋かけ
りんご、なしの実がゴルフボールより大きくなってきたので、例年のように、袋かけを実施。病虫害から少しでも、防ごうとの期待。ただ今年は、りんごの実のつき方が多く、摘果を十分にしなかったので、小さい樹の割には、実が多すぎて、袋をかけられたのは、100個で、その倍くらいが、無袋で残った。やはり、ならせすぎなのだろう。今からでも、もう少し摘果してみるか。洋なしの方はそれほどでなく、50個ほどに袋をかけた。写真の、手前が、りんごの実と袋かけの様子、後ろに、見える赤茶の袋が洋なしの袋かけ。りんごは、10月のはじめ頃に除袋して、11月始め頃から、収穫できるだろう。洋なしは、今年は、開花が昨年より5日くらい早かったので、10/1が収穫開始かな。

今年も、果樹木に花が咲き始めた。2009年04月13日 22時04分33秒

西洋梨の花が満開
庭の隅に植えられている果樹木は、西洋梨、りんご(ふじ、つがる、アルプス乙女)、プルーン、ジューンベリーなど。この冬には、あまり手入れできず、寒肥も上げられなかったが、殊勝にも、ちゃんと花を咲かせており、西洋梨の白い花は今日で満開になった。りんごもそれぞれに花芽を膨らませており、もうしばらくで、咲きそう。西洋梨は、果実の収穫は、満開の日から、165日以降が収穫の目安日なので、今日の日をカレンダにメモしておくわけ。昨年には、西洋梨の収穫時期と、適切な追熟日数のデータを得たので、今年は、きっと、おいしい西洋梨がたべられるだろうと、花が咲いたばかりの木を眺めて一人で、皮算用している。