震災復興支援のチャリティオープンガーデン2011年05月26日 12時52分38秒


震災復興支援チャリティオープンガーデン
昨日5/25、今年のオープンガーデンの最初の日に、震災復興支援のチャリティのためのオープンを実施した。東関東大震災の復興に少しでも役立てられたらと思い、庭をフリーオープンする代わりにチャリティをしていただいた。幸いにも沢山の方のご来場を頂き、又、地域の方々の協力も頂き、合計115300円が募金箱に集まった。
この義援金は、この後、日本赤十字社などに送る予定。
皆様のご支援、ご協力有難うございました。


芝生の穴あけと目土入れ2008年03月20日 10時21分34秒

穴あけが終わった芝生
ここ暫く、体調が悪くて、気がかりのまま出来ずにいた、芝生の穴あけと目土入れを昨日やっとおわらせた。例年は2月中くらいに終わらせていたが、先週から、咳が止まらず、軽い気管支炎とのことで、庭作業はやめていたが、おとといに、思い切って始めた。この芝の穴あけは、密集してきた芝生の根を活性化させようというもので、芝生に、15cm間隔ぐらいに直径20mmくらいの穴をあけて、空気と、新しい土を入れるのだが、芝生面積が20坪くらいはあるので、穴あけの数も2000個くらいにはなる。ゴルフ場のように大型の機械でやるのでなく、両側に穴明けの刃がついた足で踏むT字型の道具でやるので、結構大変である。 写真には、穴あけが終わった段階の芝生の様子を写した。真ん中に立っているのが、穴あけの道具で、芝生の上に、犬の糞のように転がっているのが、芝生から抜き取った土。 この後は、この糞状の土を取り去り、あけた穴に、目土を入れていくのだが、直径2cm、深さ6cmくらいの穴に目土を入れるには又一苦労。 上に目土をまいて、掃き入れようとしてもなかなか入らないので、「急がば回れ」とつぶやきながら、穴1個毎にさらさらの目土を流し込む作業を余儀なくされる。やっと終わったときには、腰に疲れがどっと出てきた。5月になってきれいな芝生が見られることを期待しよう。