大震災でモミの木が枯れた?2011年04月08日 17時16分29秒

このブログもずいぶんサボッテいたもので、前回の記述から、ほぼ1年もたってしまった。3月11日の東日本大震災の余震がまだ、毎日のように続いているが、あの地震にはおどろいた。地震の時は、庭仕事をしていて、外にいたので、幸い無事ではあったが、家屋の壁には、ひびが入り、又、室内の食器棚のとびらがあいて、中の食器が投げ出されて粉々になる被害があったが、今日になって、玄関脇のモミの木を見てみると、何か葉が茶色になっており、枯れつつある事に気づいた。時期的に見て、地震で、根がゆさぶられて、切れて、木が枯れ始めたのではないかといぶかっている。このモミの木は、10年前に家を建てたときにも、結構大きな木であったが、その後成長して、背丈は10mくらいに育って、我が家の目印にもなっていた。このままにしておくわけにもいかないので、切り倒して撤去する段取りを思案している。
モミの木が枯れた



今年もさくらの花は満開になった。2011年04月13日 21時15分37秒

神社前のさくらが満開
大震災の余震がおさまらない毎日が続いているが、当地でもさくらの花が満開となってきた。今年もすぐ目の前にある「甲斐武田家発祥の地」の「ぬまお神社」の前のさくらが咲いた。神社の鳥居は、この間の大震災で、崩落してしまい、柱が片方だけ残っている。 神社前にぽつんと咲いているさくらで、あまり見に来る人もいないようだが、これでも、少しは、被災地の復興に向けての励ましにはなっているのかも。