春にむけて、芝の手入れがやっと終わる。2010年03月17日 17時33分49秒


今年も、芝生の手入れが遅くなってしまったが、今日になってやっと一段落した。
先週始めに、芝のパンチを開始して、20坪ほどの芝生にかなりの数のパンチをした。写真は、パンチ完了時の様子。何かの糞のような形状の抜き土が転がっている様は毎度面白い。ただ、この後が大変で、この糞状のものをかき集め、そのあいた孔に、目土を一個づつ入れていく。目土がさらさらしていても中々入らなくて、姿勢も悪いので、疲れるし、3日がかりの作業だった。その孔に目土を入れたら、均して、平らにしてから、、金の熊手で芝生の全面をかき、サッチをとる。次には、芝焼きをしたいのだが、3月になってしまって、焼くには遅すぎる事から、芝刈り機で、全面短くカットした。この後は、肥料を散布して、目土を薄く撒き、再び熊手で、よく均して、今日やっと終了した。芝パンチに着手してから、雨の日を除いて実働7日要したかな。芝生も10年もたつと痛んできていて、今年は、5月頃に芝生を部分的に更新しないとだめかも。かなり、疲れた。