柳の枝すき2010年02月07日 23時46分54秒


枝きりしてすっきりした大きな柳
年が明けて、もう立春も過ぎてしまったが、今年はじめてのブログ記事となった。冬の庭仕事は結構多くて、樹木の剪定、枝すき、移植、庭の改造、薔薇の誘引剪定、など等で、今日は、庭の中にそびえているの大きな柳をやっつけた。昨年にかなりの大枝を切断したので、今年は、内枝を切る程度にしたが、5mくらいの高所によじ登って枝きりをするのはひとしごとで、まずは、中間部に作業のための足場囲いを設定してそれからの切断作業が始まる。折から、今の冬一番の寒風が吹く中、高所作業はかなりきついもので、いつまでこんなことが続けられるかと、思う。又、伐採した枝木を細断して、市のごみ焼却場に運び込むのも一仕事。
枝きりの終わってすっきりした姿を写真に撮った。このあとは、果樹木への寒肥の施肥と、芝生の手入れ、3月になってから、パンパスグラスの刈り込みが残っている。


今朝は雪のあさ。2010年02月14日 20時54分14秒


雪の降った朝の庭
朝起きてみたら、昨日からの雪が降り積もっており、庭一面に真っ白。今年になって、3度目の雪だ。普段の枯れた冬庭とは違う景色を、写真にとった。朝のうちなので、まだ木々の梢に積もった雪が残っていて、枯れ木に白い花が咲いたような風情。けやきとか、柳とかに、かなり細い枝先にまで雪がついていて、朝日に映える光景は、とても美しい。ただ、朝日に当たって見る見る解けて、お昼頃には、ほとんど雪は消えていた。