リンゴの除袋2008年10月03日 17時43分24秒

袋を外したリンゴの「ふじ」と、手前は、アルプス乙女
今日、リンゴの袋をとりはずした。我が家のリンゴは、3本あって、今日除袋した「ふじ」、今年はじめて、4個の実をつけた「つがる」、今、赤い実が沢山なっている、アルプス乙女だ。ふじ」は去年は100個くらいの実をつけて豊作だったが、今年は、病気と虫喰いにやられて、あまりよくないと思っていたが、袋を外してみると、結構立派にできていて、70個位は採れそう。11月の収穫が愉しみ。津軽の実は早く熟して、9月の終わり頃、収穫する前に、強い風の日に落下してしまった。勿体ないので、食したが結構、おいしくなっていた。アルプス乙女は、赤い実をつけている風情が良いのだが、もう少ししたら、収穫かな。

コメント

_ sarah ― 2008年10月03日 20時55分14秒

先日はゆっくりとお庭を見せていただきました。リンゴも洋ナシもあんなに密生したしげみにあっても、健やかにたわわな実が鈴なりでびっくりしました。冬と春には農薬消毒されているように思いますが。何をどのくらい散布していらっしゃるか、差し支えなければ教えていただきたいのですが・・・いつも病虫害にやられて富士リンゴがあっても食べられない者より

_ ローンテラス ― 2008年10月05日 20時18分58秒

りんごには、消毒、殺虫剤が欠かせません。今年は、8月のはじめの頃に、具合がわるくなり、ちょうどその時期に薬を散布できず、りんごが黒星病になり、また、芯食い虫が入ってしまいました。まあ、それでも70個くらいは実がつきましたが、実が小さいです。殺虫剤、殺菌剤はごく普通の市販薬を使っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://lawnterrace.asablo.jp/blog/2008/10/03/3798375/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。