お彼岸の日没2008年09月24日 17時50分40秒

田んぼの向こうに、お彼岸の日没
当地(武田)の田んぼは、今、稲刈りの最盛期だが、その田んぼの 向こうに、お彼岸の日没が、印象的。夕方の犬の散歩の時に写真を とった。良くは見えないが、田んぼの半分くらいは既に、稲刈りがされている。今年の荒れた天候もかかわらず、幸い、この地方にはあまり被害がなく、かなりの豊作のようだ。お彼岸の日没の場所は、ちょうど、水戸の市街地のスカイラインの上で、水戸芸術館のタワーの後方。 これから、日が毎日、短くなっていき、日没は、画面の左に移っていき、冬至の頃には、この画面からは見えない、はるか左の方になる。 この写真を撮る少し前には、まだ稲かりされていない所が、夕日に映えて、黄金色がきれいだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://lawnterrace.asablo.jp/blog/2008/09/24/3782134/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。