今年も神社の桜が満開に!2013年04月01日 16時09分18秒


ぬまお神社前の桜


一年ぶりのブログの更新が、また桜の満開の時期となってしまったが、昨年の写真は4月12日であったから、今年は十日も早く満開になった。今年は、全国的にも桜の開花が早かったようなので、当地も同様。ただ世の中は、昨年は、東日本大震災の1年後の爪あとがまだ生々しかったが、2年後の今年には、風化の兆しが見え始め、TVでも、風化させまいキャンペーンが盛んだ。一方、次なる大災害として、首都圏直下地震、東南海地震、富士山の爆発などの可能性が喧伝されており、さらには、「気違いに刃物」の北朝鮮の連日の、戦争威嚇で、一歩、間違うと、核ミサイルが飛んでくるかも知れない不穏、不気味さが漂う。今年も、花見を楽しんでおこう。


今年の桜もやっと満開。2012年04月12日 18時06分07秒


桜が満開
今年はかなりの天候不順で、桜の開花が遅れてきたが、開き始めたら、急な暖かさで、一気に満開になった。例年、近くのぬまお神社の入口にある、桜の花を写真に収めている。昨年の東関東大震災で、崩落した神社の石の鳥居も、木製の立派なものに復旧されており、桜の背景になじむ。


庭の芝パンチ2012年03月27日 18時52分56秒


芝パンチを終えたところ、疲れた
ここ一年近く、ブログもやる気が続かなかったが、東南東大震災の一周忌も開けて、少し、やる気を復活。未だに、福島原発の4号機の燃料貯蔵プールの地震崩壊の危険性はそのままだが、そのときの対処の心の準備をしながらの、そのような問題とは、別の次元で進む季節の進行の前に、そろそろ芝庭のairationをしなければ、と思い立ち、春のお彼岸の日に芝パンチを実行した。
この作業をするときほど、芝の広さを感じるときはない。人力でのパンチなので、
ひたすら、パンチ道具を踏み続けることまる1日。その後の目土入れが、又大変で、開けた径15mmくらい、深さ50mmくらいの穴に一個づつ目土を流し込んで
いくのは、丸2日かかる。この芝に降った放射能は、このあいだ測定したところでは、空間線量で、0.13μSv/毎時位で、まあ、高齢者が住むには特に問題ではないが、次に、福島原発の4号機の燃料貯蔵プールの地震崩壊がおきたときにはどうなるのかなどと考えながら、もくもくと作業をしたわけ。来年も、ここで、芝パンチができることを祈るばかり。これを書いている間も、余震が来た。

震災復興支援のチャリティオープンガーデン2011年05月26日 12時52分38秒


震災復興支援チャリティオープンガーデン
昨日5/25、今年のオープンガーデンの最初の日に、震災復興支援のチャリティのためのオープンを実施した。東関東大震災の復興に少しでも役立てられたらと思い、庭をフリーオープンする代わりにチャリティをしていただいた。幸いにも沢山の方のご来場を頂き、又、地域の方々の協力も頂き、合計115300円が募金箱に集まった。
この義援金は、この後、日本赤十字社などに送る予定。
皆様のご支援、ご協力有難うございました。


今年もさくらの花は満開になった。2011年04月13日 21時15分37秒

神社前のさくらが満開
大震災の余震がおさまらない毎日が続いているが、当地でもさくらの花が満開となってきた。今年もすぐ目の前にある「甲斐武田家発祥の地」の「ぬまお神社」の前のさくらが咲いた。神社の鳥居は、この間の大震災で、崩落してしまい、柱が片方だけ残っている。 神社前にぽつんと咲いているさくらで、あまり見に来る人もいないようだが、これでも、少しは、被災地の復興に向けての励ましにはなっているのかも。